お見合いを始めた28歳、風向きが変わった32歳、雲行きが怪しくなった35歳

岐阜在住 婚活男女を応援する、マリアージュコーチNinoですニコニコ

私が結婚相談所(仲人)をしよう、と心に漠然と思ったきっかけ。

それは、自分が結婚するのにとても苦労したから叫び

もっと短い期間で婚活に向き合っていれば、こんなに苦労しなかったんじゃないか。

そんな思いから、結婚をしたいのにできない男女のお手伝いができたら、と思ったのです。

私は28歳から親の強い勧めでお見合いを繰り返し、8年。

36歳の5月にお見合いで会った主人と、翌年3月に結婚しました。

・・・婚活、長かったしょぼん

8年、がっつり続けていました。

なにせ、それはそれは母が口うるさかったショック!ですから。

お見合いを怠る事なんて許されませんでした。

今となっては、口うるさい母に感謝しかありません。

「あなたの人生なんだから」という寛容なスタンスの親だったら

私は結婚をしていなかったようにも思います。

お見合いを始めた28歳、風向きが変わった32歳、雲行きが怪しくなった35歳。

いま婚活を頑張っている女子であれば、なんとなく分かりませんか?

人物・環境は変わっていないのに、「数字」である年齢が変わると…汗

「数字」である年齢が変わったなら思考も変えないといけないのに、

32歳の私は、自分を変えることを全く意識しませんでした。

これが婚活期間を長引かせた要因かな、と思い返します。

自分が経験したからこそ伝えたいこと。

婚活をもう一度見直してみませんか。

お気軽にご相談くださいねニコニコ

-----