大人の婚活【忙しい】という言葉のパワーについて

\結婚をしたい/
この気持ちで婚活を始めたのにも関わらず、なかなかうまくいかない。

そんな人は、この【忙しい】という言葉を使っているように思います。

大人の婚活は【忙しい】という言葉を軽く考えない方が良い。
簡単に使いがちな言葉ですが、婚活においては相手の心を刺してしまう言葉になり得るから。

これまで仕事で忙しくて、結婚を考えられませんでした

プロフィールに書きがちなこの言葉。

いや、本当にお仕事が忙しい方、いらっしゃいます。
勤務時間が不規則で出会いもデートもままならない人、いますよね。

でもね、見るからに仕事がハードな方も、不規則なお仕事の方も、
それでも多くの方が結婚をしているのです。
皆さん、仕事が【暇】だから結婚をしているわけではないですよね。

これまで忙しくて結婚していなかった、という表現をしてきた人は
明日からこの言葉は使わないようにしましょう。

若い人が受け取る「忙しい」と大人が受け取る「忙しい」には
違いがあるように思います。

  • お仕事に一生懸命だったんだな
  • 責任ある仕事をしているから、結婚まで気が回らなかったんだな

若い人はこんな感想で好意的に受け取る人もいるでしょう。
でも大人のあなたには、大人のお相手。大人の感想は、実はこんな感じかも。

  • 忙しくてもプライベートを大切にする人じゃないと
  • 家にまで仕事を持ち込みそうだな

実際はあなたが仕事と趣味を両立させて楽しんでいたとしても
「忙しくて結婚をしていない」と表現しただけで
ネガティブな印象になってしまうのかもしれません。

気軽に使った【忙しい】という言葉のパワーで
ご縁を逃している可能性もある。そう思うと慎重になるべきなのです。

【忙しい】は相手を不安にさせる

婚活で出会った相手。
交際に至ってしばらくすると、お互いの予定が合わない時もありますよね。

「今週は忙しいので、また連絡をしますね」

こんな言葉で断りを入れたとしたら。
お相手はどんな感情を抱くでしょうか。

  • 他に同時交際している人がいるのかな
  • 会いたくないのかな
  • 自分のほかに優先順位が高いものがあるんだ

ネガティブなものにしかなりません。

本当に忙しいとしても、婚活相手と交際を続けることを考えているのなら
しっかりと理由を伝える。

  • 今週末は、仕事で忙しいんだ
  • 今週末は、仕事で必要な試験の勉強をしないといけなくて、落ち着かないんだ。

上と下、どちらが相手を安心させますか。

相手と良好な関係を続けようと思ったら、簡単に使える言葉ではなく
相手を安心させる言葉を選ぶ方が信頼関係を保つことができます。

自分の行動を説明することに躊躇せず、婚活相手とは信頼関係を第一に考えましょう。

忙しい人の婚活方法

そうは言っても、本当に忙しい人もいます。
そんな人へ、成功する婚活方法をお教えしますね。

毎日の連絡を欠かさない

会う時間がない。そんな人でも短い文章のメールはできるはず。
何往復もする必要はありません。毎朝決まった時間に一言送るLINE。
これだけでも十分にあなたという人を伝えることができます。

朝送ることができなくても、通勤時間に少し。トイレ休憩に少し。
一日に一回で大丈夫、毎日あなたの存在を相手に示すことが婚活ではとても大切です。

恋愛とは違う出会い。仮交際の間は複数の人と会うことが可能なのです。
お相手とのご縁を大切にしたいのであれば、あなたという人を伝え続けましょう。

短時間でも顔を見て話をする努力をする

デートと言えば、一緒にランチをして水族館に行って…
半日以上を共に過ごすことをイメージしている人がほとんど。
でも、休みが合わない場合や時間を制約されることもありますよね。
お互いにゆっくり時間がある日時を探していくと、3週間先…なんてことも。
それは、婚活においてはとても危ない。
顔を見て話さない期間が長くなるのは、お互いのテンションが下がる一方です。
少なくても週に一度は顔を見て、話をするべき。

ランチじゃなくてもいいんです。水族館に一緒に行かなくてもいいのです。
お茶だけでも、30分だけでもいいのです。会って話をすることはとても大切。
時間は、なければ作る。
婚活中はその覚悟でいてくださいね。

婚活は期限を決めて集中する

半年以内に結婚相手を見つけるんだ!

こんな目標を立てて婚活をしていますか。
「いい人がいたら結婚しよう」こんな考えはやめましょう。
忙しい人であればあるほど、短期間に集中した婚活をおすすめします。

その理由は…
長い期間、婚活をしていたら。きっとあなたは元の生活リズムに戻ってしまうはず。無意識で。
そしてまた【忙しい】を言い訳にしてしまうはず。無自覚で。
人は変化を好みません。変化をしない方が楽だから。
これまで自分のペースで仕事とプライベートを過ごしてきた大人が
結婚をするかどうかわからない相手に対して時間を取られる。
成婚できなかった場合は出会いを繰り返す。
婚活がストレスになる時もあるでしょう。そうなるとますます【忙しい】を多用するようになる。

素敵だな、と思った相手との信頼関係をしっかりと築く。
そのことに集中をして、短期間で結婚に向けたお付き合いに入る。
それが、お仕事に忙しい大人の婚活が成功するコツです。

【忙しい】は心を亡くす、と書く

【忙しい】を言い訳に使ってきた。
胸に手を当てて思い当たることがあるあなたは、もう二度と、婚活相手に「忙しいので」とは言わないようにしましょう。

その言葉にいかに負のパワーがあるか、お分かりいただけたでしょうか。

お相手が「お忙しいですか」と言ってきたとき。
そのお相手とこれからもご縁を繋ぎたいと思うのであれば、否定しましょう。
「いえ大丈夫です、時間を作ります」と笑顔で答えましょう!

そうすれば、お相手は安心してくれるはず。
【忙しい】は心を亡くす、と書きますが
お相手を思う心は亡くさないようにしましょう。

婚活サロンninoは、大人の婚活を成功させる成婚思考を学ぶ動画講座を開講中。
大人女子のための結婚確率向上計画

動画を視聴し課題を提出していただく。
これまでとは違う婚活をすることで、早い段階での幸せな結婚を目指します。
ぜひお問い合わせください。