できること

久しぶりにブログを更新しています。

大震災が起こってからブログを書くことができませんでした。

あまりにも凄惨な映像ばかりで現実とは信じがたい状況。

自分の気持ちを言葉にすることの難しさを

ヒシヒシと感じていました。

震災当日、私は岐阜市内の病院に入院をしていて

被災された方々、壊滅状態の町を映像で見ているだけ。

それしかできない日々を過ごしていました。

火曜日に退院をしてからはできることをしてきましたが、

それでもまだ、何かやらなければ、と思っています。

何ができるのか。

私の住む岐阜及び、東海地方には

地震の被害はありませんでしたが、

こんな時なのでお見合いという感じではありません

という会員さんもいらっしゃいました。

こんな時だから。

だからこそ、明るい未来へ繋がる道を進むべきではないでしょうか。

自分が欲しい未来に向けての動きを、止める事が最善とは思えません。

愛する人がいるということ、守るものがあることの素晴らしさ。

そんなものが人としての幸せの根源なのではないかと思っています。

被害を受けてしまった方々も、支援をする側の人も

それぞれが自分の未来に向かって生きなければいけないのです。

震災に遭われた方々が一日でも早く

健やかに過ごすことができるようお祈りしております。

-----