イルミネーションを見て思い出すこと

岐阜在住 婚活男女を応援する

マリアージュコーチ Ninoですニコニコ

11月も半ばになりました。

今年も残すところあと一ヶ月と半分。

はえぇ!

この速さ、なんでしょね。

街のデコレーションがクリスマス一色。

ちなみに、我が家の近くのスーパーでは

正月飾りが出始めた鏡餅

そりゃ先走りすぎでしょ、と横目で眺めたけど

おばあちゃんが吟味してた目

さすが、スーパーはニーズを心得ている。

婚活している人たちにとっては

この街のウキウキした雰囲気、

いたるところのイルミネーション。

こんな感じ。


さぞかしモヤモヤすることでしょう。

イルミネーションは好きな人と一緒に見るものだ

という勝手な通念を持っていた私は

モヤモヤどころが訳の分からない怒りを抱いていた。

イルミネーション、クリスマス、二人連れ、

全てに怒りの目を向けている独身アラサー。

あの頃はギラギラしていたなぁ…(遠い目)。

それなのに、なぜか友達4人(彼氏ナシ)と連れだって

ルミナリエツアーに出かけ…。

イルミネーションもそこそこに

中華街でヤケ食い、ヤケ酒。

だったら、行かなきゃいいのにねべーっだ!

私が言いたいのは、

モヤモヤするからといって

腐っちゃいけない、ということなのです。

もう無理なんだもん

だとか、

どうせ私なんて

なんて、そんな思考は持たずに

今に見てやがれッ

目の前でイチャイチャしているカップルに

心の中で宣言をしてやればいいのです。

(いい迷惑だけどね)

自分で諦めたら、そこでオシマイ。

前へ進む気力は自分で振り絞るしかないのです。

クリスマスまであと一ヶ月と少し。

まだ出会いのチャンスはゴロゴロしています。

それがお見合いであっても

パーティであっても

形は違えど、出会いのひとつ。

そのご縁を大切にできるかどうかは、

自分の気持ちひとつ、なのです。

がんばれ、みんなアップ

-----