楽あれば苦もあるさ…

岐阜在住 婚活男女を応援する

マリアージュコーチNinoですニコニコ

会員さんと午前中にお茶していました。

少し活動が停滞してしまっていた男性会員Aさん。

自分の中で「本当に結婚したいのかな」という思いが湧いていたのが原因だったようで。

思い込んでしまっていたこと、

分かっているけど方向転換ができないこと、

将来へのビジョン、

そんなものを、会話の中から少し視点を変えることができたのではないかと思っています。

自分では気付かないことを第三者から言われると、「仰る通り」という反応になるんですね。

帰り際に

Ninoさんはうちの姉貴と同じことを言う

と言われました。

そーでしょ、アナタを心から心配している人は、同じことを言うんだよべーっだ!

そう、私は結婚したいという男女の活動を応援するし、心配もするのです。

でも、心配しすぎて失敗をすることもあります…。

今日辛い思いをされた男性会員Bさんと電話で話をしました。

お見合い相手の女性の態度がとても悪く(Bさん曰く、です)、

あんなお見合いならしない方がよかった、わざわざ行かなければよかった、

という言葉を投げられたんですね。

これはBさんの本音だったと思います。腹が立って情けなくて悔しくて。

でも、その言葉がNinoにはとても辛かった。

お見合いという手段がなければきっとこの先も出会う事がなかったであろう二人。

「ご縁」を得た二人なのです。

そのご縁を繋げられなかったのは、どちらか一方的に悪いわけではなく、

どちらも力不足だったとは考えられないだろうか。

で、Bさんの、お見合い全てを否定するネガティブな発言に強い口調で注意をしたわけです。

ご自身で得るものは必ずあったはずだ、と。

伝わりませんでした。

余計なお世話だったのかな~…とか思っちゃったり。

気持ちを伝えるのは難しいことです。

そして、自分の言葉で相手の気持ちを和らげさせるのって、難しいことです。

強く反省…しょぼん

楽しいこともあれば、苦しいこともある。だな。

へこんでいたら、楽しい交際を報告してくれる女性会員Cさんからメールが来ていました。

ここは嬉しい気分で一日を終わらせたいと思うのです。

明日は婚活男女の皆さんが、明るい笑顔で過ごせれますように…ラブラブ!

-----