大人の婚活 あなたが選ぶ婚活ツールは?

私は、2007年に36歳で結婚をしました。

\36歳で結婚?別に珍しくないじゃん!/
と思うかもしれませんが。
当時は30代半ばでの婚活は、とても厳しかった…。

15年前とでは
結婚年齢の印象がずいぶんと変わったように思います。

いま、40歳以上の大人の婚活が増えています。

仕事に一生懸命、友人も大勢いる。
毎日がそれなりに充実している。
恋だって人並みにしてきた、はず。
何かがネックになって結婚していないわけではない。

結婚に気持ちがいかなかっただけ

決してモテないわけではない。
理想とする相手からモテない、というだけ。

そう思っている大人婚活者は、
少しのコツを手に入れれば、理想の相手に出会えるはず。

30代前半までの婚活とは一線を引き、
大人の婚活はブラッシュアップをして
理想の相手を引き寄せましょう。

若い時とは違う、そのコツとは。
婚活ツールがあなたに合っているかどうか、
そこから見直してみましょう。

その婚活ツールはどんなものがあるの?

婚活をするためのツール、どんなものがあるでしょう。

  1. 結婚相談所
  2. 結婚情報センター
  3. マッチングアプリ
  4. パーティ
  5. コンパ
  6. 紹介

あなたが希望する結婚相手は
どのツールを使っていそうですか?

それをまずイメージして動くことが大切です。

どんなツールかわからないと、使えない

ツールの種類は分かった。
でもどんな特徴があるのか分からないと、困っちゃう。

そんな人のために。
ざっと説明しましょう!
まずは、このふたつから。

  1. 結婚相談所
  2. 結婚情報センター

これは結婚をするための出会いを求める人が使うツール。
まさに、婚活用です。

ではこのふたつの違いについて。

  1. 結婚相談所

日本には大小の結婚相談所がたくさんあります。
昔ながらの仲人おばちゃんがいる相談所もあれば
カウンセラーという名の担当者が付く相談所もあります。
共通しているのは、ひとりで進む婚活ではない、ということ。
不安があれば相談をし、共に幸せな結婚に向けて進むことができる婚活ツールです。

  1. 結婚情報センター

結婚をしたい男女が登録をし、その登録情報をもとに活動をする。
登録者情報が集まっているのが、結婚情報センターです。
中にはカウンセラーがついているところもありますが、
基本的には自分で申し込み、自分で判断をする、という面も。

結婚相談所、結婚情報センターともに、
入会登録には個人を保証する公の書類提出が必須であり
費用も高額なことから、悪意のある人が少ないツールです。

  1. マッチングアプリ

マッチングアプリで出会い、結婚をした
そんな話が珍しくないくらい、市民権を得たマッチングアプリ。
芸能人もマッチングアプリで恋人ができた、なんて話がありますね。
手軽で気軽に始められるのが大きなメリットです。
マッチングアプリに集まる人はどんな人?

  • 結婚をしたい
  • いい人がいたら結婚したい
  • 恋愛がしたい
  • 遊びたい 

同じアプリ内でも結婚への思いはそれぞれ。
中には既婚者の遊び目的やビジネス目的の人もいます。
個人を保証する書類もどこまで信用してよいのか。
気軽にできるからこそ、慎重な行動と覚悟が必要です。

  1. パーティ
  2. コンパ
  3. 紹介

これらは、婚活、よりも恋活メインのイメージ。
企業が開催するパーティは”結婚”をイメージさせるものもありますが
基本的には結婚への意識は低めでしょう。
コンパは誰かの知り合い、という繋がりがあるようで、実はないもの。
紹介は、もう少し近くなって、知り合いの知り合い、といった感じ。
あなたのことをよく知っている人であれば、結婚までイメージできる出会いになるかもしれません。

あなたはどのツールを使いますか

大人婚活は短い期間で決めたい。

そう思っている人が多いのではないかと思います。

一年でも一ヶ月でも一日でも。
婚活を始めるのは男女ともに若い方が良い。

少しでも若いうちに、
あなたに合う婚活ツールを選んで
効率的に将来のパートナーを探す。

30代前半までのように
出会えれば結婚できる、というものではないのが
大人の婚活です。

あなた自身が結婚への思いをどこまで持っているか。
相手には何を望んでいるのか。
そのバランスを自身で見極め、婚活ツールを有効に使いましょう。