女の子の、ふり

今夜は少し涼しい気がします。

が、いまこうやってPCに向かっていると…

ゴロゴロ雷

聞こえてきました、雷さま。

おへそを取られるぞ~

と子どもの頃には家族に脅されていましたが

なぜだか私は小さいころから雷が好き。大好き。

稲妻を求めてあちこち窓の外をのぞきます。

運転中に稲妻が発生するとそちらばかりに気を取られて非常に危険です。

でも。

少しくらい怖がった方が、女の子っぽいラブラブ

私、婚活中のときには美容院で必ず

メスにして

とオーダーしていました。

女の子っぽく、という表現では間に合わない。

とにかく生物学的にメスであることをアピールできる髪型にして、と。

お見合い中はとにかく男っぽいことは言わず。

控えめに控えめに、それでもにじみ出る大雑把さはどうしようもないけれど。

本当に女の子のふりをしていました。

それを8年間。

あぁ長かった。

間違えないでくださいね。

雷ゴロゴロ~


キャー、恐~い

ということをする、というススメではなくて

雷が鳴っても特に話題にもしない、ということです。

私、雷好きなんですよ~

稲妻なんて本当にきれいですよね~


という会話は、お見合い後交際中に頃合いを見て言えばいいこと。

会って間もない人に、女の子っぽいことから外れることを

わざわざ自己申告する必要はありません。

いまどきの女性はとてもしっかりしている人が多いので

雷ひとつくらいでは動じないということは承知しています。

でも、こんな感じで女の子、の、ふりをしてみてはいかがでしょうかニコニコ

-----