大人の婚活、誰に相談するのが正解?

何かに戸惑い迷い、困惑して前に進めなくなったとき。
誰かに話をすることで考えがまとまること、ありますよね。

自身の心の声に気付いたり
新しい視点を見つけたり
ポジティブになれる。

誰かに話をする、それはとても良いことです。

でも、婚活は相談する相手を考えなければいけません。
誰に相談をするのが正解なのでしょう?

いつも友人に相談をしている、これは正解?

ninoの意見としては…

大人の婚活は、友人には相談をしない方が良い!


あなたの大切な友人であれば、あなたのことを一生懸命に考えてくれるでしょう。
ではなぜ婚活相談に友人は向かないのか。

その友人の立場や考え、それらをしっかりと見て相談をしていますか?
「仲が良いから」これを理由に相談相手を決めていませんか。

  • 未婚者? or 既婚者?
  • 未婚者であれば、結婚願望はある?
  • 既婚者であれば、子どもはいる?
  • 既婚者であれば、恋愛結婚?お見合い結婚?
  • 既婚者であれば、結婚した年齢は?

こんなことでもアドバイスは変わってきます。

婚活相談するなら、未婚者? or 既婚者?

<未婚者の場合>

相談をしてもその友人も未婚者。
お互いの婚活がうまくいかないことへの不満、愚痴、そんなことに終始しませんか。
時には婚活相手の悪口をネタに大笑いをしてストレス発散!をしているかもしれません。

ストレスは発散をした方が、良い。
でもその時間は「相談」ではなく「発散」だということを
自分で強く意識をして過ごしてください。

友人が同じように未婚で婚活に疲れた人であれば
「もう結婚なんていいよ、独身を楽しく過ごそう!ねぇ、今度旅行に行こうよ!」と
いまを楽しむことに集中する方向になりがち。

それは、5年後10年後の明るい未来に繋がる楽しみでしょうか。

そして、その未婚の友人には結婚願望があるのでしょうか。
仕事が楽しくて結婚を意図的に後回しにしている友人は、あなたの気持ちを汲むことは難しいかもしれません。

<既婚者の場合>

独身で悩んでいるあなたに対して親身に相談に乗り、何度もアドバイスをするでしょう。
しかし婚活に迷い焦りどうすればいいか分からなくなっているあなたは、なかなかアドバイス通りに動く事ができません。

なぜならそのアドバイスは、友人が経験したことに基づいたアドバイス。
あなたが抱えている状況や不安を捉えられていないかもしれません。だからその友人からのアドバイスでは動けないのです。

あなたと同じように大人の婚活を頑張り、結婚をしたという経験の持ち主であればその体験談を聞くことは良いでしょう。
それでも、経験談として参考にする程度にとどめましょう。

既婚者であれば、子どもはいますか?

相談相手の友人が既婚者で子どもがいた場合。話の中心はどうしても子どもに移ります。

「子どもは可愛いよ、いた方がいいよ」
「はやく子どもを産みなよ」


これ、私の経験なんですけどね。辛かったです。もちろん、友人には悪気はないはず。


結婚をして子どもを授かる。これらを自然にしてきた友人たちからの、
婚活に迷い悩んで進めないあなたを、鼓舞しよう、前へ進ませようと思っての言葉だと思うのです。

分かっているんです。分かっていても心の中で
「産めるんなら産みますよ。産む前にまず相手がいないし

こんなことを思いながら、でも友人たちの親切からの言葉に笑顔でうなずくしかできない。
相談しておいてストレスを抱えることになります。

既婚者であれば、恋愛結婚?お見合い結婚?

同じ既婚者であっても、恋愛結婚なのか、お見合い結婚なのか。
また何歳で結婚したかによって、アドバイスは変わります。

相談を受けた友人は、自分が知る限りの情報でアドバイスをするでしょう。
その情報の大半は、自分の経験。
自分が経験をしていないことをイメージするのは、難しいかもしれませんね。

友人が若い時の恋愛結婚だとしたら、その経験からのアドバイスになるでしょう。
あなたは大人で婚活をしているのです。
アドバイスを聞くことはできても実践は難しいかもしれません。

婚活相談、誰に相談するのが正解なのか

大人のあなたが婚活について相談をするのなら

プロに相談

なぜなら、経験値が違うから。
婚活を頑張っているけどなかなか思うような結果が出ていない。
そんな人たちの努力をたくさん見てきたから。
そしてその悩みを共に考えて改善策を考えてきたから。

私は8年間、自分の婚活経験があります。
長い婚活期間を経て36歳で結婚をしました。
その経験と、その後に開業した結婚相談所運営12年の経験、
自分の悩みと会員様のたくさんの悩み。
それを自分の経験としています。

客観的に、フラットに、でも現実を知っているプロだからこそ
最適なアドバイスができると思うのです。

耳障りの良い言葉ではないかもしれません。
それでも、大人婚活を頑張る人の最短の幸せを願って話をするのがプロ。

そんなプロに相談をするのが、正解だと私は考えています。

ひとりで抱え込まず、あなたに最適な方法で幸せな結婚生活を手に入れましょう。